囮捜査官キョウカ【クリムゾン】

痴漢囮捜査官キョウカ~絶対に感じなかった不感症の女が10年分の溜まっていた快感に一気に襲われて…~

痴漢囮捜査官キョウカ~絶対に感じなかった不感症の女が10年分の溜まっていた快感に一気に襲われて…~
サークル:クリムゾン

彼女の名前は鈴峰杏花。
特命の痴漢囮捜査官。
どんなに触られても何も感じない「不感症」であるという利点を生かして、痴漢囮捜査の任務を淡々とこなしていた彼女だったが、ある日のターゲットの痴漢行為はいつもと違っていた。
不感症だった彼女のカラダは男の手によって何かを解放されてしまい、今まで知らなかった快楽が次々と襲ってくる。
自分の持ってきた手錠で拘束されたあと、キスでイカされ、乳首舐めでイカされ、手マンでイカされ…。
そして挿入された瞬間に何かが弾けて、不感症になってから10年間…本来感じるはずだったカラダに蓄積されていた快感が一度に襲ってきて…。

痴漢囮捜査官キョウカ2~絶対にイカない女と媚薬地獄~

痴漢囮捜査官キョウカ2~絶対にイカない女と媚薬地獄~
サークル:クリムゾン

不感症である強みを生かして次々と痴漢を逮捕していた凄腕の囮捜査官・鈴峰杏花。
しかしある日、とある男の手によって不感症を解除され、そのまま電車の中で挿入されイカされるという失態を犯してしまう。
このままでは引き下がれない鈴峰杏花は再びその男を探すために電車にのりこむが、運悪く別の痴漢集団に囲まれてしまう。
凶悪な痴漢集団は完璧な連携で鈴峰京花の抵抗を抑え込み、媚薬で快楽を増加させてカラダを弄んでくる。
もう不感症ではなくなってしまった彼女のカラダは、男たちのねちっこい責めに淫らに反応してしまい…。
それでも何とかイクのだけは我慢し続けるのだが…。

囮捜査官キョウカ3~絶頂を許されない女にいつまでも続く快楽地獄~

囮捜査官キョウカ3~絶頂を許されない女にいつまでも続く快楽地獄~
サークル:クリムゾン

不感症である強みを生かして次々と痴漢を逮捕していた凄腕の囮捜査官・鈴峰杏花。
しかしある日、とある男の手によって不感症を解除され、そのまま電車の中で挿入されイカされるという失態を犯してしまう。
このままでは引き下がれない鈴峰杏花は再びその男を探すために、怪しい痴漢の情報が入るたびにその場所にのりこむが囮作戦はことごとく失敗、いつもただ痴漢され、犯されるだけで…。
路線バスでは支柱に手を拘束されてひたすら乳首だけを弄ばれ続け、電車の中では中年オヤジにいきなり背後から挿入されて中出しされ、レジャープールでは大勢のチャラ男集団に囲まれて浮き輪に固定された状態でメチャクチャにされ、フェラを強要され、マワされて、女性の痴漢集団にも捕まってアジトにまで連れていかれ、媚薬オイルで敏感になったカラダを自ら負けを認めるまで責め抜かれて…。

囮捜査官キョウカ4~完全なる敗北…認めさせられた快感~

囮捜査官キョウカ4~完全なる敗北…認めさせられた快感~
サークル:クリムゾン

感じやすいけど決してイカない、というおかしなカラダに変えられてしまった痴漢囮捜査官・鈴峰杏花。
捜査はことごとく失敗し、感じやすいカラダは痴漢たちにいいように弄ばれるだけの日々…それは1年感続いてた…。
ある日、後輩たちと温泉旅行にでかけることになった鈴峰は、そのバスの中でとある男と遭遇する。
それは鈴峰のカラダをおかしなカラダに変えたきっかけをつくった張本人だった。
後輩たちや他の客たちが眠っている深夜のバスの中で、必死で声を押し殺しながら快感に悶え狂う鈴峰。
そして鈴峰のカラダに1年間溜まりに溜まっていた「絶頂」…
それを一度に開放させられて…。

囮捜査官キョウカ5~不感症の反動でイキやすくなったカラダ~

囮捜査官キョウカ5~不感症の反動でイキやすくなったカラダ~
サークル:クリムゾン

痴漢囮捜査官・鈴峰杏花はこれまでいくつもの痴漢を検挙してきた凄腕の捜査官だった。
彼女は捜査官としてのスキルや美貌に加えて不感症であるという痴漢囮捜査官として最大の利点をもっていた。
しかし…とある囮捜査で遭遇した痴漢の手によって、不感症だったカラダが解放され、逆に敏感なカラダになってしまった。
それでも囮捜査の任務をやめることはなかった鈴峰杏花だったが、敏感でイキやすくなってしまったカラダでは、まともに痴漢の囮捜査などすることなどできなかった。
1年前に遭遇したオッパイ責めばかりをしてくる痴漢には、バスの中で乳首をローションでヌルヌルされてイカされまくって、さらに自宅に連れていかれて拘束され、さまざまな道具で延々と乳首イキの拷問を受け…。
レジャープールでも以前遭遇したチャラい大学生の痴漢集団に再び囲まれて無数の手で触られ、舐められ、ねじ込まれ、何度も何度もイカされて前回以上の屈辱を受けて…。

囮捜査官キョウカ6~終わりなき快楽調教~

囮捜査官キョウカ6~終わりなき快楽調教~
サークル:クリムゾン

痴漢囮捜査官・鈴峰杏花はこれまでいくつもの痴漢を検挙してきた凄腕の捜査官だった。
彼女は捜査官としてのスキルや美貌に加えて不感症であるという痴漢囮捜査官として最大の利点をもっていた。
しかし…とある囮捜査で遭遇した痴漢の手によって、不感症だったカラダが解放され、眠っていた性的な快楽を呼び起こされてしまった…。
それでも囮捜査の任務をやめることはなかった鈴峰杏花だったが、敏感になってしまったカラダではまともに痴漢の囮捜査などすることなどできず、捜査中に痴漢されて感じてしまい抵抗できないまま挿入され中出しされてしまう。
それからというもの、杏花のカラダはすっかりと変わってしまい、日を追うごと敏感になり、ひとたび痴漢に触られると身体が熱く火照り力が入らなくなってしまい、なすすべなく犯されてしまうようになっていた…。
そんな屈辱的な日々が1年続き、再びあの男に遭遇することになる。
そして、再度男の手によりこれまで1年間痴漢され続けカラダに蓄積されていた快楽を一気に解放されてしまい、ついに気持ちいいことを認めさせられながらイカされてしまった…。
その後も囮捜査は続けていたが、イキやすい体質になってしまった杏花は、これまで以上に痴漢に弱くなり、1度痴漢されるといいように弄ばれてしまっていた…。
それでも、あえて従順になったフリをすることで情報を入手して何組かの痴漢の逮捕に成功したのだった。
そして、杏花はまだ負けていないと自分に言い聞かせて、次の任務に向かうのだが…

囮捜査官キョウカ7~すべてのプライドを奪われての絶頂~

囮捜査官キョウカ7~すべてのプライドを奪われての絶頂~
サークル:クリムゾン

痴漢集団のアジトに捕らえられてしまった捜査官・鈴峰杏花。
ネットで生配信されながら目隠しでイカされ、耳舐めでイカされ、スパンキングされながらイカされ、首絞めアクメで失神させられたりして恥辱の限りを尽くされる。
さらに自分の住んでいる街まで連れていかれて、恥ずかしい服装で首輪をつけた状態で散歩させられながら長時間寸止めを続けられて絶頂への欲求が溜まりに溜まった状態で公衆トイレに拘束されて放置されて…。

囮捜査官キョウカ8~逃げることさえ許されない恥辱の罠~

囮捜査官キョウカ8~逃げることさえ許されない恥辱の罠~
サークル:クリムゾン

来日した異国の王子の護衛を任された鈴峰杏花。
しかしそれは仕組まれたモノだった。
ネットで杏花が犯されている動画を見て気に入った王子が彼女のカラダを手に入れるために計画した罠だった。
護衛のために乗り込んだリムジンの中で逃げることも抵抗することもできず、杏花を弄ぶためだけに入念な準備をしてきた変態の王子の手でただひたすらにイカされる。

囮捜査官キョウカ9~悪夢の絶頂ショータイム~

囮捜査官キョウカ9~悪夢の絶頂ショータイム~
サークル:クリムゾン

異国の王子に捕まってしまった鈴峰杏花は、そのまま車で怪しいパーティー会場に連れてこられた。
そこに待っていたのはプロの調教師と名乗る集団で、杏花のカラダをパーティーの公開凌辱でより激しく感じるモノにするために、媚薬、精神攻撃、アナル責め、耳舐め、ローション責めなどあらゆる愛撫で淫らに仕込んできて…。
さらに絶頂を抑える効果があるガスを使って快楽を一時的に抑制され、パーティ開幕直前までカラダに快感を溜め込まれて…。
仮面をつけた変態のVIPたちが集まるパーティー会場の舞台上で1分間で5回も絶頂に達してしまうほどの終わらない連続オーガズムを味わわせられて…。
超絶快楽刺激に理性が飛ばないように必死で耐える杏花の運命は…?

囮捜査官キョウカ~コスプレパーティー潜入捜査編~

囮捜査官キョウカ~コスプレパーティー潜入捜査編~
サークル:クリムゾン

とある怪しい違法なクスリを取り仕切っている団体の捜査を任された鈴峰杏花は後輩の捜査官と一緒にその団体が主催しているというコスプレパーティ会場に潜入することに。
その会場の雰囲気はとても卑猥なもので、すべての客が淫らに絡み合っていた。
あくまでも周りに溶け込むためにと後輩捜査官が杏花のカラダを触ってくる。
「先輩は不感症だから少しくらい触っても大丈夫ですよね?」
しかし杏花のカラダはもう度重なる淫靡な災難によって異常なまでに敏感なものになってしまっていて後輩捜査官のおふざけのお触りにも過度に反応してしまい…。
周りにもはっきりと分かるほど淫らな反応をしていた杏花は、パーティ主催者の男たちにも目をつけられてVIPルームに連れ込まれて…。

囮捜査官キョウカ~報復屈辱の生配信編~

囮捜査官キョウカ~報復屈辱の生配信編~
サークル:クリムゾン

囮捜査官・鈴峰杏花。
彼女は1年前、ハロウィンの時期に、とあるパーティー会場で囮捜査を成功させた。
しかしその時、杏花はコスプレをしたまま違法薬物で体を敏感にさせられ、沢山の男たちに囲まれて犯されてしまうという失態を犯してしまっていた。
そんな事も忘れかけていた時、杏花は夜道で襲われる。
目を覚ますと、そこに居たのは謎の眼帯をした女。
そして、1年前に自分のことを散々な目に合わせた男たちだった。
自分が当時摘発をした店のオーナーだと名乗る眼帯の女は、あの時の店の損害の’お返し’と言い、杏花に卑猥な課題を出していく。
動画配信で沢山の人に自分の恥ずかしい姿を見られながら、1年前と同じ薬で体を敏感にさせられ、何度も何度もイカされてしまう杏花。
無様にイク度に、動画の視聴者数もどんどんと増えていき、言いたくもない、屈辱的な言葉まで言わされ、拘束され、敏感になった体を弄られながら、挿入され。
遂には、知り合いにまで配信を見られてしまうことに…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする