1年間痴漢され続けた女

1年間痴漢され続けた女―前編―


【1年間痴漢され続けた女】ポイント
電車痴漢
調教の日々
処女を奪われる?

「こんなオッサンたち…アタシならいつでもぶっ飛ばすことができるけど…
アタシはもう暴力には頼らない! 絶対に最後までガマンしてやる…!」
小さい頃から空手の英才教育を受けて育った邑楽あかりは父が残した莫大な借金を支払うために1年間キャバクラで働くことになってしまう。
そのキャバクラに行くための2時間の電車…
痴漢グループに目を付けられてしまった彼女は毎日のように弄ばれるハメに…。
痴漢初日には知らなかった女性としての絶頂を教え込まれ…
ブラジャーを没収されて乳首だけでイケるようにじっくりと開発され…
ある時は1週間近く焦らされたあとで一気に10回近くイカされ…
戸惑い、屈辱を感じながらも空手の修行しかしてこなかったウブなカラダは徐々に調教されて…。

1年間痴漢され続けた女ー後編ー

小さい頃から空手の英才教育を受けて育った邑楽あかりは父が残した莫大な借金を支払うために1年間キャバクラで働くことになってしまう。
そのキャバクラに行くための2時間の電車…
痴漢グループに目を付けられてしまった彼女は毎日のように弄ばれるハメに…。
痴漢は日を追うごとにエスカレートしていくばかり…。
9月はガムテープで拘束されて20回イカされ
10月はアナル調教
11月はローターやバイブで体中を責められて
12月は服をはぎ取られて全裸にされてつり革に拘束されて
1月は胸に媚薬を塗りこまれて異常なほど敏感にされて乳首イキさせられて
2月はY字バランスの体勢で拘束されて下半身に媚薬を塗られて
3月は股間に男性器を擦りつけられてぶっかけられて
4月は全裸にされ写真を撮られまくってフェラを強要されて…
なんとか処女だけは守り通していた邑楽あかりだったが365日目についに…。

1年間痴漢され続けた女 その後…


【1年間痴漢され続けた女 その後…】ポイント
キャバクラでセクハラ
電車で集団痴漢
1年間の調教

小さい頃から空手の英才教育を受けて育った邑楽あかりは父が残した莫大な借金を支払うために1年間キャバクラで働くことになってしまう。
そのキャバクラに行くための2時間の電車…
痴漢グループに目を付けられてしまった彼女は毎日のように弄ばれついには処女まで奪われてしまう。
それでもなんとか1年間キャバクラで働き通して借金を返済したあかりだったが、最終日のキャバクラで常連客にセクハラされて…。
1年間痴漢され続けてカラダを淫らに開発されていたあかりは客のセクハラ攻撃に抵抗することもできずにイカされそのままホテルに連れていかれて…。
さらに後日、電車の中で毎日のように痴漢されていたあかりを目撃していたという学生の集団に囲まれて…。
もう抵抗したっていいはずなのに敏感な部分を少し触られるだけでカラダはビクンと跳ね上がり 頭は快感で真っ白になって結局何もできずに…。

1年間痴漢され続けた女 おっぱいパブ編


【1年間痴漢され続けた女 おっぱいパブ編】ポイント
おっぱいパブで働くヒロイン
1年間の調教
快楽を呼び起こされてしまう

父が残した莫大な借金を1年間という条件でキャバクラで働き完済した邑楽あかり。
だが実はまだ完済しておらず、やつらの提案で残りの借金を1週間という条件でおっぱいパブで働けば完済してやるということになり働くことに…。
触られるだけなら…と甘い考えでやりはじめたが、初めについた客が妙に離れした強引な客で1年間の調教でカラダに刻み込まれた快楽を呼び起こされてしまい…

1年間痴漢され続けた女 ー光月ユウナ編ー


【1年間痴漢され続けた女 ー光月ユウナ編ー】ポイント
電車痴漢
カラダは反応してしまう
支配されていくヒロイン

特命刑事 光月ユウナ。
血の滲むような科学的トレーニング・薬物投与によって作られた肉体は常人をはるかに超えるものとなった。
そして彼女は動き出す。
幼い頃に両親を殺した組織を壊滅させ復讐することを胸に秘めて。
最初のミッションはある男の追跡。
毎朝電車に乗る男を尾行していると不意にユウナの尻に触れるものがあった。
痴漢。
それはユウナの艶麗な容姿に惹きつけられた中年のサラリーマンの手であった。
屈強な男達も組み敷くユウナもミッション中では一般人に手は出せない。
エスカレートする痴漢行為に為す術なく次第にユウナのカラダはビクッビクッと反応し、今まで感じたことのない感覚に支配されていくのであった。

1年間痴漢され続けた女-光月ユウナ編-2


【1年間痴漢され続けた女-光月ユウナ編-2】ポイント
1年間痴漢され続けた女-光月ユウナ編 続編
性的快感に対する耐性を上げるための訓練
毎日痴漢に遭遇

エリート特命刑事 光月ユウナは初めて与えられたミッションの最中に痴漢に邪魔されてしまいターゲットを見失うという失態を犯してしまった。
二度と痴漢などに心を乱されないようにするために、性的快感に対する耐性を上げるための訓練を課せられることになった。
しかしユウナの思いとは裏腹に毎日のように敏感な部分を責め抜かれ何度もイカされるたびにカラダは性的快感に耐性がつくどころか、どんどんと敏感に卑猥に変わっていく…。
しかも課せられるミッションのほうでも毎日痴漢に遭遇して訓練で火照ったカラダに追い打ちをかけられて何もできないまま女としての屈辱を一方的に受け続けて…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする